+27

次の話へ

秋ヒロト

平安時代の日記文学を読んでいると、今ではもう残っていない物語の名前が出てくることがあります。印刷技術のない時代は人が手で写すしかなく、残念ながらすべての写本が失われてしまうことがあるのです。現存していないとなると、なおさら読んでみたくなるもので、もしもタイムトラベルができたら、そういう失われた物語を探しにいきたい気がします。
一番読んでみたいのが、最初の方が失われている「浜松中納言物語」で、三島由紀夫の「豊饒の海」(『春の雪』『奔馬』『暁の寺』『天人五衰』の四部からなる長編小説)に影響を与えたとも言われる、輪廻転生の物語です。歴史や物語が、本という形で脈々と受け継がれるというのは、考えてみたらすごいことだよなあと、そんなことを思いながらこの回を描いていました。(2015.06.25)

guest
1 Comment
Newest
Oldest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
名無し
名無し
6 ヶ月 前

カボは元々よそ者らしいけど色が違うのは何か秘密があるんだろうか。