+29

次の話へ

秋ヒロト

ぼくは生まれつき目が悪くて、小さい時からずっとメガネをかけていたのですが、成長するにつれてどんどんよくなって、今ではメガネなしで生活できるようになりました。
それでも長年メガネとずっと一緒に生きてきただけに、メガネに対する愛着は人一倍あって、メガネなしではなんとなく落ち着きません。なので、出かける時はよく伊達メガネをつけています。そして、そうした愛着が関係しているのかどうなのか、不思議とマンガのキャラクターでも現実の人でも、メガネが似合う人を素敵だなあと思うことが多いです。(2015.06.18)

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments