+34

次の話へ

秋ヒロト

ぼくは小さい頃から絵を描くのが好きで、自分が描いたイラストやマンガを友達に見てもらうのも好きでしたが、高校生になった時ぐらいから、絵を描くのが好きだと周りに言わなくなりました。なんとなく、自分の好きなものを無邪気に好きって言えなくなる時期があるんですよね。批判されるのが怖かったり、なんだか妙に恥ずかしかったりして。
そんなわけで、ぼくはマンガを描く仲間とか友達みたいなのがずっといなくて、comicoで連載するようになってから、初めてマンガを描く仲間ができました。マンガの描き方や、マンガに対する考え方が意外とそれぞれ違うのが興味深いのですが、とにかくみんなマンガに対しての情熱がすごい人たちばかりなので、会うといつも刺激をもらっています。(2015.09.24)

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments