+34

次の話へ

秋ヒロト

分かりやすく例をあげれば試験や運動の記録ですが、自分とできる人との間に越えられない壁を感じてしまうことが、誰しもわると思います。ぼく自身の経験を振り返ると、そういう時は手を抜いてしまうことが多かったです。そうすればうまくいかなかった時に、本気じゃなかったからと自分自身に言い訳ができるから。
ただ、もしもあの時本気で取り組んでいたなら、今頃どうなっていただろう? と時折ふと思い出してしまういくつかの出来事があって、そういう忘れられない悔しい思いみたいなものが、今ぼくにこういう作品を描かせているような気がします。(2015.09.17)

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments