+31

次の話へ

秋ヒロト

学生時代、アルバイトで塾講師をしていました。自分で問題を解く場合は国語が一番得意なのですが、得意な分、理論的に勉強をしたことがなかったので、教えるのはとても難しかったです。
特に、登場人物の心情を四択で答えさせる問題では、「う~ん……。(1)のうれしかったからが正解になってるけど、(2)の恥ずかしかったからも当たらずといえども遠からずだし、そもそも四択から選ぶこと自体が解釈を限定していて……」と考え込んでしまうことが多くて、教えるの向いてないな~とよく思ってました。
さてさて、というわけで、バクラジャーンの一人目の弟子ができました。次回からは、「生意気な新人が入って来てニック先輩大弱り~」の章がスタートです。 (2016.10.27)

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments